近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 普通自動車の廃車手続き

普通自動車の一時抹消登録(必要書類と流れ)

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

今回は一時抹消登録の方法を説明します。 その前に、永久抹消登録と一時抹消登録の違いをきちんと説明しておきます。 この違いを理解しておかないと、後々大変な事になりかねないからです。

永久抹消登録と一時抹消登録の違いは、廃車登録後に再度使えるか使えないかです。

永久抹消登録は、法的に車を永久抹消してしまう手続きです。 どんな理由でも自動車を再び使うことは出来ません。 車の死亡届のようなものです。 一時抹消登録は一時的に使用を停止するだけです。 必要になれば再登録手続きによって、再び車を使用できるのです。 車の失踪届のようなものです。

説明を終えたところで、一時抹消登録の方法の説明に入りたいと思います。 必要な書類は以下の8つです。


  • 申請書(OCRシート3号書式の2)※
  • 自動車税申告書※
  • 自動車取得税申告書※
  • 実印
  • 所有者の印鑑証明証
  • 自動車検査証
  • 手数料納付書
  • ナンバープレート

※上記3点は、管轄運輸局で取得可能。
この他に印紙手数料が350円分、車検期限超過分は料金が掛かります。


一時抹消登録の流れ

    1.ナンバープレートを取り外します。

    2.運輸局で取得出来る書類以外の必要書類を持参し、管轄運輸局へ向かいます。

    3.運輸局へ到着したら、窓口へ行き、一時抹消登録を行う旨を伝えます。ナンバープレートを返納し、書類一式と書類記入サンプルを入手します。

    4.サンプルを参考に書類を作成します。その後、手数料印紙を貼り付け、書類を窓口へ提出します。

    5.会場が空いていれば数分でアナウンスが入るので、窓口で一時抹消登録証明書を受け取ります。この証書は自動車の再登録の際に必要となるので、大切に保管しておきましょう。

    6.最後に、自動車税事務所で自動車税の手続きを行い、自動車の一時抹消登録を完了させます。これで廃車登録手続きは完了です。自動車税が停止し、車検が残っていれば返金されます。

永久抹消登録とは登録方法や書類が異なります。 手続き方法や書類を間違えないように注意してください。

普通自動車の廃車手続き