近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 事故車の廃車の仕方

廃車届けの種類

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

走行距離が10万キロを越えたり、あちこちが故障して修理費のほうが高くついたり、事故を起こしてしまう場合もあるでしょう。 車は、ただ廃車にするだけでも結構な費用がかかります。

自動車リサイクル法が2005年からスタートしますます廃車の費用は高くなりました。多くの場合、廃車は新しい車の購入と引き換えにしますので、廃車ではなく「下取り」といった形で引き受けてもらうことが多いのではないでしょうか。

でも、次の車を知人など販売業者以外の人から購入したり、新しい車を購入しなかったりするとき、廃車の手続きが必要になります。廃車費用を節約したいと思ったら、まず中古車販売業者に引き取ってもらえないか、相談してみましょう。個人売買や知人・友人から自動車・軽自動車などを譲り受けた場合、前の所有者から、廃車証明書・届けを取得して登録申請行う必要があります。

あなたが前の所有者であれば、陸運局あるいは市役所などに廃車証明書・廃車届けを申請すれば交付してもらうことができます。

前の住所地で一時廃車登録を行った際に、廃車証明書を交付されますので、それを持って新たに登録・名義変更などを行います。廃車していない場合は廃車証明書ではなく、標識交付証明書を持参して登録・名義変更などを行います。

排気量が125cc以下のオートバイを使用しなくなったときは、必ず廃車届けの手続きをして下さい。町外の人に譲渡したり町外へ転出するときも同様です。廃車届けの手続きをしないままでいるといつまでも軽自動車税が課税されてしまいます。

事故車の廃車の仕方