近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 外車の廃車の手続き

外車の抹消手続を委任する場合

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

2006年から自動車リサイクル法が施行され、適正な解体処分が義務付けられ、自動車のリサイクルのための費用がかかるようになりました。自動車リサイクル法とは、車メーカー、輸入業者、関連事業者、車の所有者がそれぞれの役割を定め、車の再利用を進めていく法律です。

廃車手続きをするために、印鑑証明書そのものは原則的に有効期限がないのですが、だいたい3ヶ月以内に取得したものを提出することがひつようになります。委任状を貼り付けておけば、印鑑証明書は代理人でももらう事ができます。印鑑証明の時に、登録した印鑑をもっていきます。代理人に委任する際は、あなたの実印を押した委任状をもっていってもらう必要があります。

委任状とは、書類の申請や届出などのある特定の事項のとり行いを第三者(代理人)に委ねる(委任する)意志を書き記した文書のことです。本来はその事項の行使権を持たない者に権利を委ねる重要な書類です。

委任状の書き方に特定の書式やフォーマット、決まりがあるわけではありませんが、委任状の書き方として必要な事項は、日付、委任する旨を記した文章、申請人と代理人の名前・住所の記載と、申請人の印鑑の押印があれば十分です。

印鑑証明書そのものは原則、有効期限がありませんが、規定上は 3ヶ月以内のものを提出することが義務づけられています。 委任状を添付すれば、印鑑証明書は代理人でも取得できます。 印鑑証明時に登録した印鑑(実印)を持参します。 鑑証明書と実印はセットで信頼性が担保されます。

外車の廃車の手続き